新聞広告

最新新聞広告

Creating value together

持続可能な社会に貢献することで、 コマツも成長できるのです。 社会に価値を生み出そうと思う。 世界のパートナーと手を組んで。 “Creating value toget...

Creating value together

持続可能な社会に貢献することで、 コマツも成長できるのです。 社会に価値を生み出そうと思う。 世界のパートナーと手を組んで。 “Creating value toget...


誰も行ったことのない未来は、つくればいい。

DXによって、林業や農業も最先端の産業になる。 それが、コマツのつくる未来です。 小川啓之 コマツ 代表取締役社長(兼)CEO マイナーリーグの若者たちを育てる。挑戦しているのは、...


DXが進んだ現場は、「密」のない現場だ。

「デジタル化により、現場の全プロセスを遠隔管理できる」時代が、始まっている。 デジタルトランスフォーメーションによって生まれた「あるべき理想の現場」は、「密」のない現場になっていた...


ブルドーザーは、地雷除去機になった。カンボジアの地雷原は、田んぼや畑になった。

「地面はコマツの現場だ」 技術の粋を一台に。 数百万個もの対人地雷が地中に眠るカンボジア。まだ手作業での除去が中心だった2002年、コマツは「対人地雷除去機」の開発に着手した。地面...


育てた人材が、地域を育ててくれる。育てた人材が、コマツを育ててくれる。

コマツらしい技術やノウハウで、どんな育成ができるだろうか 建設機械のオペレーションから、子ども向け出前授業まで。コマツが手がける人材教育は全方位的だ。1917年、前身となる小松鉄工...


後継者の少ない日本の稲作を、ブルドーザーで救えないだろうか。

建設現場で鍛えられたICT搭載の「農業ブルドーザー」 ブルドーザーで、農業を。農家数が減少の一途をたどり、従事者の高齢化も進んで熟練技術を継ぐ後継者難にも直面する日本の農業。社会が...


建設機械の最重要コンポーネントは、人だと思う。

なぜコマツは、こだわるのか。 コンポーネントの自社開発に。 エンジン、アクスル(車軸)、車体に関わるスタッフが、こう証言した。 「同じ型のエンジンでも、機種ごとに最適な調整をするこ...


「あるべき理想の現場」をつくる。100年変わらない、コマツの仕事である。

それは創業者の思想から始まった 「鉱山は掘り尽くせばなくなる。 工業技術は、訓練するほど新たな産業を生み出す力がある」 石川県小松市の遊泉寺銅山跡。コマツは、銅山会社の一部門として...


人間の道をつくるなら、 動物の道もつくれ。~ドイツの森が、そう語りかけている気がした。~

ドイツの高速道路「アウトバーン」の建設現場から、動物たちと最新テクノロジーの報告をします。 昨夜の雨に濡れた森は、ドイツの絵本で見るような深い緑色をしていた。早朝の斜めの光の中に、...


その機械には、血が通っていた。

その機械には、血が通っていた。 「次はこういう建機をつくろう。 決意させてくれるのは、 いつも現場のお客さまの声」。 企画の人間は、そう語った。 「ICT建機の時代。 開発で重要な...


スウェーデンの森は、IoTの森だった。

林業が、先進ビジネスになっていた。 日本へのヒントがあると思った。 「1本切ったら、2本植える。スウェーデンの森のルールです」。森のオーナーの言葉に、スウェーデンという国の「意思」...


「機械を買ってもらいたいのではない。 チームを買ってもらいたいのだ」。

ハイウェイを降りると、一本道は、地平線までひたすら続いていた。2メートルを超えるサボテンと背の低いブッシュだけが広がっている。空の青色は、東京で見るそれよりも、ずっと濃い。風は、乾...


鉱山で やりたいことが、 山ほどある。

そこに可能性があるから、始める。 鉱山には、2つの採掘手法があることを、ご存知だろうか。 地上から掘り下げていく「露天掘り」と地中に横穴を掘り進める「坑内掘り」。 1921年の創立...


実証 スマートコンストラクション。

3Dデータで、建設機械と現場と人をつないだ。 経験の浅いオペレータが、整地に挑んだ。 現場の仕事は、どこまで変わるのか。 ここは、コマツの実用試験場。普段は、実用化に向けた厳しい性...


盗まれない油圧ショベルをつくる。

盗まれない油圧ショベルをつくる。 そんな思いではじめたコマツの取り組みは、17年後、IoTと呼ばれていました。 コマツとIoTとの出会いは1998年。きっかけは、建設機械の盗難対策...


考えて、考えて、考えて、つくるんだ。

徹底的な低燃費を実現した、待望の8tフォークリフト、誕生。 エンジンは、コマツの最新テクノロジーを凝縮した「新世代クリーンエンジン」。建設機械で培った技術を結集した「電子制御HST...


現場に、未来が、やってきた。
「ICT×建設機械」という新しい常識といっしょに。

「巨大な階段」、ではない。ここ茨城県の利根川沿岸で行われているのは、水害から人々の暮らしを守るための工事。堤防の幅を広げ、強化するための工事である。堤防強化工事としては極めて標準的...


これまでにない現場を、これからも現場とともに。

1921年の会社設立以来、90年以上にわたり建設の現場と向き合い、その現場で働く人たちとともに歩んできた私たちコマツ。そのコマツは近年、お客様の現場とより深く関わりながら「顧客現場...


何ヘクタールもの土地を、センチメートルの精度で整地する。「ICT×ブルドーザー」に、驚いたのは現場だった。

「想像以上だったよ」。それが、現場監督の第一声だった。傍らでは、熟練のオペレーターが、よく日焼けした顔で、うなずいている。山口県山陽小野田市。宇部空港から30分ほどクルマを走らせた...


バッテリーフォークリフトのイメージは、
この一台から、変わる。

「アウトドア・バッテリーフォーク」と呼びたいほどの耐水性能、耐粉塵性能。 たとえば、港湾や漁港など、路面の水を巻き上げながらの作業や、雨の中での作業に耐えうる耐水性能がある。たとえ...


南極は、選んだ。ハイブリッドを、選んだ。

CO 2 排出量の少ないハイブリッド建設機械に、白羽の矢が立った。 世界の気候変動を調査するプリンセス・エリザベス基地で、いっしょに働かないか、と。 ここは南極大陸で唯一のゼロ・エ...


「無人で働く」という未来が、やってきた。

渇いた風に、赤土が舞い上がる。摂氏50度を超えることも珍しくない灼熱の地。身体からは、瞬く間に水分が奪われていく。オーストラリア北西部、ピルバラ地区にある鉱山。土が赤いのは、地盤の...


妥協を許さない美しいデザイン、コマツのモノづくりが支えています。

今、世界の自動車メーカーでは、高剛性で軽量化が可能な鋼板を多用化しています。 ハイテン材などの加工が難しい素材の塑性加工をいかに美しく、かつ、効率的に行うか? その課題に応えたのが...


地面のことを考えるように、空のことも考えよう。

「日・米・欧 新排出ガス規制 ※ 」に適合したコマツの次世代建設機械。 燃料消費量も平均10%低減(従来機比)しました。 7月より、今年度中に30機種以上を、次々と発売していきます...


「コマツだからできたこと」が、またひとつ増えました。

コマツが、何よりも心がけていること。それは、「現場を知り、お客様を知る」ことにあります。建設機械を必要とする世界中のあらゆる現場で、お客様が求めているモノ・コトとは何か。そのニーズ...


南半球のCO2も減らそうと思う。ハイブリッド建設機械、コアラの国へ。

通勤客を運ぶフェリーが、対岸のオフィス街へ向かう。遊覧船が、オペラの殿堂に見とれる観光客を運んでいる。南半球。シドニー湾の、ある冬の朝。その海の上に、仕事場へと向かう一台のコマツが...


建設機械の世界でも、「ハイブリッド」が、あたりまえの言葉になりますように。

それは特別なコマツである。見た目は普通の建設機械。 実は、ハイブリッドカー。 海外で初めて会う人は、みんな驚く。「建設機械なのに、ハイブリッドカー?」と。 「世界初」なのだから、そ...


経済成長を続ける中国でも、「ハイブリッド」が、あたりまえの言葉になりますように。

その日も、上海の空は、白く霞んでいた。向こう岸に広がる高層ビルの森。世界の注目を集める中国の経済成長。この国を訪れると、 その勢いをリアルに肌で感じる。人に、活気がある。街に、活気...


建設機械が、ハイブリッドになる。未来の話ではなく、今日の話です。

「もちろん、ハイブリッド自動車は、知っていました」「でも、建設機械では聞いたこともなかった」「そんなことができるのかなぁって。電気と軽油で動く建機…」この建設機械が初...


私は、CO2が嫌いです。/旋回中=CO2削減中

CO 2 の問題。それは、建設機械にとっても、決して他人事ではありません。燃費を向上させ、少しでも排出するCO 2 を減らす。10年以上にわたるコマツ独自の研究開発から生まれたのが...


雪と生きていく村。雪と生きていく手。

白い山。白い屋根。白い道。そして、白い息。長い冬の間、白川郷の風景は、白一色に塗り替えられる。一晩で1mも降り積もる日も珍しくない日本有数の豪雪地帯。世界文化遺産の村の朝は、除雪と...


世界遺産を、傷つけないように、そっとそっと。

コマツは小型機械事業強化のため、小松フォークリフトと小松ゼノアを本年4月に合併し、新たに、コマツユーティリティ株式会社をスタートさせました。新会社で開発・生産する小柄なコマツにご期...


人を守るためなら、機械だけが、行けばいい。

滑走路へと高度を下げる窓に映ったのは、果てのない砂漠だった。首都サンティアゴから空路で一時間半。内陸部の街、カラマ。実に1300年も前から、先住民が銅の採掘をはじめていたとされる地...


建設機械も、地面のことばかり考えていてはいけない。

人のための道具なんだから、人のためにできることはなんでもやろう、と思いました。建設機械を使う人のためだけでなく、使わない人のための技術を、磨こうと思いました。空気を、できるだけ、汚...


働き者の大きな手は、よく汚れていて、美しかった。

かつては道も、町も、空港もなかった。コンビニやファミレスは、いまもない。インドネシア カリマンタン島。世界で3番目に大きな島の、小さな町。旅行ガイドブックには載っていない、赤道直下...