私たちのアイデンティティー

私たちの存在意義

ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓く

これまで歩んできた挑戦の歴史であった100年。“ものづくりと技術の革新”は、私たちが創業以来、大切に磨き上げてきたコマツの核となるものです。この核を常に磨きつづけることで、これから歩む100年も“新たな価値を創りつづける”、それがコマツグループの使命です。

そして、この使命のもと、“人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓く”。私たちが実現したい未来は、世界中の人々の安全・安心で健やかな生活を生み出し、支えつづけること、一つひとつの社会を更に発展させ、地球の持続可能な未来を創ることです。


私たちの価値観

コマツの社員一人ひとりが、ずっと大切にしつづけている姿勢です。

挑戦する

高い志を抱き、失敗を恐れず、革新のために挑戦しつづける

やり抜く

困難なことでも決して諦めず、責任を持って最後までやり遂げる

共に創る

多様な価値観や個性を互いに尊重し、Win-Winの精神で価値を創出する

誠実に取り組む

常に、誠実に判断して行動し、信頼される存在でありつづける

私たちの約束

「Creating value together」これは私たちコマツがお客さまとすべてのステークホルダーとかわす約束の言葉です。お客さまとともに持続可能な社会のために新たな価値を創りだします。パートナーシップを大切にするコマツの想いをtogetherのデザインに込めています。


私たちの戦略

私たちは経営の基本、社会的責任、経営戦略の3つを掲げてビジネスを遂行しています。

経営の基本

コマツの経営の基本は、「品質と信頼性」を追求し、企業価値を最大化することです。この「企業価値」とは、私たちを取り巻く社会とすべてのステークホルダーからの信頼度の総和であると考えています。

社会的責任

コマツの社会的責任は、「本業を通じて社会の要請に応えていく活動」を行いつづけることです。

経営戦略

コマツは中期経営計画(2019-2021年度)「DANTOTSU Value – FORWARD Together for Sustainable Growth」を推進しています。 顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上に取り組んでいます。
中期経営計画

私たちの行動指針

コマツの全社員が、「私たちの存在意義」を追求するうえでの羅針盤として以下の3つを定めています。

創業の精神

コマツの創業者である竹内明太郎(1860年~1928年)は、創業の精神として「海外への雄飛」、「品質第一」、「技術革新」、「人材の育成」を掲げました。この精神は現在もコマツのDNAとして、私たちに受け継がれています。

コマツウェイ

私たちの価値観を行動様式で表現したのが「コマツウェイ」です。創業者の精神をベースに、先人たちが築き上げてきたコマツの強さ、強さを支える信念、基本的な心構えと持つべき視点を定めたものです。

コマツの行動基準

「品質と信頼性」を追求しつづけるコマツグループの社員として、世界のどこにおいても守るべきビジネス社会のルールを示したものです。
行動基準