テクノロジー

より良い現場の実現のために

コマツは自動化、電動化、コネクティビティ、安全性をキーワードに「人・社会・地球が共に栄える未来」を目指します。また、生産現場から排出される温室効果ガスや廃棄物の削減、機械による環境負荷の徹底的な低減を追求し、持続可能な社会の実現に貢献しつづけます。

デジタルトランスフォーメーション スマートコンストラクション

工期の短縮やムダなプロセスを削減するため、コマツは更にデジタル化を推進します。まずは、単一の施工の全工程をデータ化してつなぐ「横のデジタル化」を実施。将来的には、複数の施工をリアルタイムに遠隔でつなぐ「奥のデジタル化」を実現して、全現場の最適化を目指します。
この技術が搭載されている建設機械 ●油圧ショベル ●ブルドーザー > 商品の詳細へ

無人ダンプトラック運行システム「Autonomous Haulage System(AHS)」

高精度GPSや障害物検知センサーなどを搭載したダンプトラックを中央管制室で運行管理し、完全無人稼働を実現させます。AHSエリア内で稼働する有人車両の動きもリアルタイムで管理できるため、安全かつ効率的で協調稼働可能なシステムを実現しています。

環境性能と低燃費を両立した「Hybrid技術」

コマツは、地球の未来を考え、世界で初めてハイブリッド油圧ショベルの市場導入を果たしました。その独自開発のハイブリッドシステムは、車体旋回の減速時に発生するエネルギーを旋回電気モーターで電気エネルギーに変換。キャパシタ(蓄電器)に蓄え、旋回駆動や発電機モーターを通じてエンジン加速時の補助エネルギーとして活用し、大幅な燃料消費量の削減を実現しています。
この技術が搭載されている建設機械 ●油圧ショベル > 商品の詳細へ

機械稼働管理システム「Komtrax」

Komtraxは、お客さまの保有車両の稼働率向上や維持費の低減など、機械のライフサイクルをサポートするシステムです。建設機械に取り付けたKomtrax端末から、車両の位置や稼働時間、稼働状況などの情報を収集して見える化。建機のコンディションをチェックし部品交換や修理、盗難への対応、省エネ運転支援など、保有車両の効率的な運用をサポートしています。
MOVIE
この技術が搭載されている建設機械 ●油圧ショベル ●ブルドーザー ●ホイールローダー ●モータグレーダー ●ダンプトラック > 商品の詳細へ

「KomVision」人検知衝突軽減システム

どんなに過酷な現場であっても、人の安全を守っていきたい。「KomVision」は機体周囲にいる人を検知して機体の発進を制御したり、低速走行時には自動で停止させる安全装置です。最大4 台の単眼カメラを用いて機体周囲をモニター上に表示させ、検知エリアまたは停止制御エリアで人を検知したらブザーで注意喚起を行い、機体を安全に停止し、安全な現場の実現を推進しています。
この技術が搭載されている建設機械 ●油圧ショベル > 商品の詳細へ

KOM-MICS (KOMatsu Manufacturing Innovation Cloud System) 

生産現場のムリ・ムダ・ムラの削減のため、工場のデジタル化やスマート化を実現するのが「KOM-MICS」です。“ものづくりのつながる化・見える化”を目指し、生産現場・生産設備をネットワークで連携。一つの工場だけでなく、複数の工場の加工情報をひと目で把握できる、スマートファクトリーを実現しています。
MOVIE

建設機械の電動化

もっと地球環境や人にやさしい機械をつくりたい。その想いから、コマツがこれまで培ってきたハイブリッド建機やバッテリーフォークリフトの技術をベースに、新たに開発した充電器や高電圧変換ユニットなどを搭載。“排気ガスゼロ” で同出力のエンジン車と同等の掘削性能を発揮しつつ、騒音の大幅低減を実現しています。
この技術が搭載されている建設機械 ●電動ミニショベル > 商品の詳細へ

コマツテクニカルレポート
コマツの技術に関するレポートはこちらからご覧いただけます。
詳しくはこちら